アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
もういちどオーディオ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
胎児の聴覚と生後の聴感覚〜音と音楽に関する私的ノート・2
胎児の聴覚と生後の聴感覚〜音と音楽に関する私的ノート・2 ●胎児期に刻まれた原初の音の記憶 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/21 13:19
音について〜私的ノートから1
音について〜私的ノートから1 ●私たちの音の原点 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/20 11:20
音楽を愛する友へ
音楽を愛する友へ ●音楽を愛する友へ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/15 18:20
パーソナル空間で楽しむ“いい音”〜 注目のOlasonicの第2弾
 パーソナル空間で楽しむ“いい音”〜 注目のOlasonicの第2弾  3月11日の東北関東大地震の被害に遭われた多くの方々に心からお見舞い申し上げます。 こういう時期ではありますが、どんな困難も人はこれを乗り越えていかなければなりません。みんなで心を1つにして、これからの復興にあたらなくてはなりません。頑張りましょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/15 13:52
はじめに音ありき。
 はじめに音ありき。  私は、今、新しいオーディオの原稿の取り組んでいます。完成は少し先になるのですが、その原稿のために考えていることを、そのまま同時進行で読んでいただくことにしようと思っています。  今、頭のなかで育ちつつあるのは「はじめに音ありき」という言葉です。新約聖書のヨハネによる福音書に、有名な「はじめにロゴスありき」という言葉があります。この“ロゴス”は、日本語では“言葉”とか“論理”とか訳されています。  手許の新約聖書では、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/21 16:29
このオーディオページは2月22日まで続きます
 このオーディオページは2月22日まで続きます ●不滅のオーディオのために(続) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/25 10:45
このブログは間もなく終了しますが、オーディオは永遠に不滅です!!
 このブログは間もなく終了しますが、オーディオは永遠に不滅です!!  今年初めての記事になります。もう告知があってご存じの方もいらっしゃるでしょうが、このオーディオのブログも、正式には昨年12月が最終回でした。しかし、2月中旬まではこのページにアクセスできるようですから、私は何回か書こうと思っています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/18 11:09
オーディオと“ざわざわ”! 今年最後のご挨拶
 オーディオと“ざわざわ”! 今年最後のご挨拶  今年も押しつまりました。月末から次の月初に変わる、毎月繰り返していることなのですが、やはり1年の区切り感は格別です。子どものころは、文字通り「もういくつ寝るとお正月」と指折り数えて新年を待ったものです。  この1年、あれこれ思いつくままにお話してきましたが、予想以上に多くの方々にご愛読いただき感謝に堪えません。今日は1年の締めくくりに、いつも以上に勝手なことを書こうかと思っています! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/29 10:51
番外緊急提言〜20世紀が誇るべきもの、それがオーディオだ!
 番外緊急提言〜20世紀が誇るべきもの、それがオーディオだ!  12月もこの時期になりますと、今年の10大ニュースなどという恒例の記事や番組が目につきます。今日は、そういうつもりではなく、私が存命中の日本人でもっとも尊敬する人の1人である、作家の丸谷才一さんの近著『星のあひびき』(集英社)に倣って突然、妙なことを申し上げたくなったのです。そして、その趣旨を今後長く読者の皆様と共有したいと思いました。  では、早速。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/15 18:12
オーディオは奥が深い〜“純粋オーディオ音”志向(3)
 オーディオは奥が深い〜“純粋オーディオ音”志向(3) ●無機質な音の再生もオーディオの楽しみのひとつ! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/12 11:32
オーディオは奥が深い〜“純粋オーディオ音”志向(2)
 オーディオは奥が深い〜“純粋オーディオ音”志向(2) ●無機的純粋音の再生は、じつはそれほど難しくない ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/07 11:57
オーディオは奥が深い〜“純粋オーディオ音”志向(1)
 オーディオは奥が深い〜“純粋オーディオ音”志向(1) ●『草食系男子の恋愛学』の著者、森岡正博さんと、オーディオ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/23 15:01
スピーカー設計者 K.前田氏の思い出〜スピーカーの再現力とは(4)
 スピーカー設計者 K.前田氏の思い出〜スピーカーの再現力とは(4) ●スピーカーの表現力の自然さと豊かさを求めて ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/11 14:11
スピーカー設計者 K.前田氏の思い出〜スピーカーの再現力とは(3)
 スピーカー設計者 K.前田氏の思い出〜スピーカーの再現力とは(3) ●スピーカーは最終段階のチューニングが、再現力の重要な鍵を握っている ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/02 18:22
スピーカー設計者 K.前田氏の思い出〜スピーカーの再現力とは(2)
 スピーカー設計者 K.前田氏の思い出〜スピーカーの再現力とは(2)  ソニーはオランダ、フィリップスと並んで、CDのライセンスメーカーです。オーディオがアナログからデジタルに移行するなかで、ソニーのオーディオ機器も目覚ましい性能向上をみせ、プレーヤーはもちろんアンプの評価も高まっている時期でした。  スピーカーでは、ソニーは長く独特の平板振動板をもつAPM(ACCURATE PISTON MOTION)と呼ばれるシステムを作っていました。写真をご覧ください。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2010/10/26 17:13
スピーカー設計者 K.前田氏の思い出〜スピーカーの再現力とは(1)
 スピーカー設計者 K.前田氏の思い出〜スピーカーの再現力とは(1)  オーディオ機器選びで最初に決めたいのは、スピーカーです。何といってもシステム全体の中で、最終段に位置して、音を出す機器ですからね。音を出すというのは変な言い方です。正しくいえば、振動板で空気を振るわせて聴く人に、電気信号を音として知覚させる役目を受けもつ機器ということですが、 面倒くさいので、単に音を出す機器と呼ぶことにしましょう。  オーディオ機器を選ぶ苦労は“スピーカーに始まってスピーカーに終わる”というぐらいスピーカーは重要です。オーディオとは何であるか、一言で説明せよといわれたら、私は... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/22 15:41
オーディオのTPO〜オーディオは生活空間、生活スタイルに合わせて選んで聴く
 オーディオのTPO〜オーディオは生活空間、生活スタイルに合わせて選んで聴く  オーディオをもう一度始めようという熟年世代の方、そしてやっと自前でオーディオ機器を買えるようになって意気込んでいる若い世代の方も、みんな同じように困るのは、何をどのように始めたらいいのかが、他の分野と比べて分かりにくいことです。  たとえばカメラなら、使い途さえはっきりしていれば、その用途に合わせて何を選ぶかはそう難しいことはありません。いちばん大きい問題は予算だけと言ってもいいくらいです。そして、撮影した結果も自分の目指したものに合致しているかどうかは判断しやすいですね。さらに、腕を磨こう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/20 16:11
AVアンプはこう使うと効果的〜AVアンプ使用の現実的な問題
 AVアンプはこう使うと効果的〜AVアンプ使用の現実的な問題  先日、あるオーディオメーカーの代表者や広報担当者と話す機会があったのですが、ここ10年ほどで2チャンネルのオーディオは本当に影が薄くなったと、しばし感慨に耽りました。今は何といっても携帯デジタルオーディオ機器をヘッドフォンで聴くのがすっかり主流になり、ついで多いのがパソコンに小型スピーカーをつないで聴くというスタイルですね。そして、スピーカーを部屋に置いて聴くのは2チャンネルではなく、AV視聴のためが多いというのです。  しかし、これは別に嘆かわしいことではありません。音楽なんてどんなスタイル... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/28 14:10
AVアンプはピュアオーディオ用にも使えるか?〜現実的な問題を検討する
 AVアンプはピュアオーディオ用にも使えるか?〜現実的な問題を検討する ●魅力的なオーディオ批評のために ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/18 18:35
Esotericのリマスターディスク〜“いい音”と“マスタリング”の関係(6)
 Esotericのリマスターディスク〜“いい音”と“マスタリング”の関係(6) ●エソテリックのリマスタリングSACDの意義  前回エソテリックのリマスタリングSACDについて掲載したのは7月26日でしたから、ほぼ1ヵ月前になります。その後、少し寄り道をしてしまいましたが、エソテリックから8月前半に最新盤2点が発売されましたので、今日はこれを機会に後半のお話をしたいと思います。  エソテリックの新しいマスタリングよるSACDは、デッカ(DECCA)、ドイツグラモフォン(DGG)の名録音の原盤を中心に発売されてきましたが、今回はイギリス、EMI原盤の初登場となりました。これで... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/30 11:37

続きを見る

トップへ

月別リンク

もういちどオーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる