テーマ:ソニー

オーディオは奥が深い~“純粋オーディオ音”志向(2)

●無機的純粋音の再生は、じつはそれほど難しくない 『草食系男子の恋愛学』の著者、森岡正博さんのコラムに寄りかかりながら、「純粋オーディオ音」についておしゃべりをしています。今回はその続きです。でも少し私の意見には皮肉が込められているかもしれません。純粋オーディオ音は好きですが、純粋オーディオマニア、そう呼びたくなる人がいるんです、特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー設計者 K.前田氏の思い出~スピーカーの再現力とは(4)

●スピーカーの表現力の自然さと豊かさを求めて 「これは使いにくそうなスピーカーだが、いい音がするかもしれない」  これが、ソニーの試聴室で初めてそのスピーカーを見て、まだ音を聴く前に感じた直感的印象でした。形は物の本質のある面を語りますからね。姿や形に惑わされてはいけない、大切なのは中身だ、という頑固な考え方の人もいますが、スピーカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー設計者 K.前田氏の思い出~スピーカーの再現力とは(3)

●スピーカーは最終段階のチューニングが、再現力の重要な鍵を握っている  ソニーの高級オーディオ機器を担当する部門が、その当時どのような編成になっていたのか詳しくはわかりませんが、この大型スピーカーシステム開発のときは、チームリーダーが前田さんで、その下にユニット、電気回路(クロスオーバーネットワーク)、キャビネットという分野に分かれ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー設計者 K.前田氏の思い出~スピーカーの再現力とは(2)

 ソニーはオランダ、フィリップスと並んで、CDのライセンスメーカーです。オーディオがアナログからデジタルに移行するなかで、ソニーのオーディオ機器も目覚ましい性能向上をみせ、プレーヤーはもちろんアンプの評価も高まっている時期でした。  スピーカーでは、ソニーは長く独特の平板振動板をもつAPM(ACCURATE PISTON MOTION)…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more