テーマ:いい音

胎児の聴覚と生後の聴感覚~音と音楽に関する私的ノート・2

●胎児期に刻まれた原初の音の記憶  これは夏真っ盛りのとある湖での夕陽が沈み、間もなく漆黒の闇に移ろうとする間際の光景です。人はこうのような明から暗への転換に、ある時は命の無常を感じ、またある時は切ないほどに明日がまた来ることを祈ったに違いありません。  その時心の状態によって、夕陽は激しく音を立てて沈んでいくようにも感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音について~私的ノートから1

●私たちの音の原点  初夏のとある島の朝の風景です。周囲を赤く染めながら山の峰を越えて上ってきた太陽が、雲の層の向こうから海に金色の光の帯を投げ掛けています。そこに、朝の漁から帰った小舟が小刻みに体を揺らし、乾いた響きのエンジン音で規則的なリズムを刻みながら通り過ぎていきます。  ここには、実際の音は船のエンジン音と、岸に寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽を愛する友へ

●音楽を愛する友へ  かねてから不思議に思っていることがあります。それは音楽が大好きだという人のなかに、再生装置にはこだわらない、ある程度のものでいいじゃないか、という気持ちの人がじつにに多いことです。作曲家や演奏家にもそういう意見の人たちが多いのです。  しかし、音楽は生(なま)で聴くよりも、CDなどの録音メディアを再生して聴…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

パーソナル空間で楽しむ“いい音”~ 注目のOlasonicの第2弾

 3月11日の東北関東大地震の被害に遭われた多くの方々に心からお見舞い申し上げます。 こういう時期ではありますが、どんな困難も人はこれを乗り越えていかなければなりません。みんなで心を1つにして、これからの復興にあたらなくてはなりません。頑張りましょう。 ●さて、かなり時間が経過したのですが、今の時点でまだこのページの新しいBiglob…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめに音ありき。

 私は、今、新しいオーディオの原稿の取り組んでいます。完成は少し先になるのですが、その原稿のために考えていることを、そのまま同時進行で読んでいただくことにしようと思っています。  今、頭のなかで育ちつつあるのは「はじめに音ありき」という言葉です。新約聖書のヨハネによる福音書に、有名な「はじめにロゴスありき」という言葉があります。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このオーディオページは2月22日まで続きます

●不滅のオーディオのために(続)  今入手できるスピーカーから、私の好きな製品を、大小1点ずつあげてみました。イタリアのソナス・ファーベールの2モデル、「クレモナM(上)」と「ミニマビンテージ(下)」。木の良さを活かした入念な造りは感動的です。そして、もちろん、そのしなやかな音質とまろやかな音色も絶品。それぞれの製品についての…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

このブログは間もなく終了しますが、オーディオは永遠に不滅です!!

 今年初めての記事になります。もう告知があってご存じの方もいらっしゃるでしょうが、このオーディオのブログも、正式には昨年12月が最終回でした。しかし、2月中旬まではこのページにアクセスできるようですから、私は何回か書こうと思っています。 ●不滅のオーディオのために  ビッグローブの中で、新たなページを始めるかもしれません。また、私自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディオと“ざわざわ”! 今年最後のご挨拶

 今年も押しつまりました。月末から次の月初に変わる、毎月繰り返していることなのですが、やはり1年の区切り感は格別です。子どものころは、文字通り「もういくつ寝るとお正月」と指折り数えて新年を待ったものです。  この1年、あれこれ思いつくままにお話してきましたが、予想以上に多くの方々にご愛読いただき感謝に堪えません。今日は1年の締めくくりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外緊急提言~20世紀が誇るべきもの、それがオーディオだ!

 12月もこの時期になりますと、今年の10大ニュースなどという恒例の記事や番組が目につきます。今日は、そういうつもりではなく、私が存命中の日本人でもっとも尊敬する人の1人である、作家の丸谷才一さんの近著『星のあひびき』(集英社)に倣って突然、妙なことを申し上げたくなったのです。そして、その趣旨を今後長く読者の皆様と共有したいと思いました…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーディオは奥が深い~“純粋オーディオ音”志向(3)

●無機質な音の再生もオーディオの楽しみのひとつ! 『草食系男子の恋愛学』の著者、森岡正博さんが、拍手の音を真剣に聴く人の姿をみて、音フェティシズムの世界を知ったこと、そして自身もその後、無機質な物体の響きをオーディオ装置で聴く、いわゆる“純粋オーディオ音”に大きな関心と興味を抱いたことから、始まった話の3回目です。  前回は私はガラス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーディオは奥が深い~“純粋オーディオ音”志向(2)

●無機的純粋音の再生は、じつはそれほど難しくない 『草食系男子の恋愛学』の著者、森岡正博さんのコラムに寄りかかりながら、「純粋オーディオ音」についておしゃべりをしています。今回はその続きです。でも少し私の意見には皮肉が込められているかもしれません。純粋オーディオ音は好きですが、純粋オーディオマニア、そう呼びたくなる人がいるんです、特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディオは奥が深い~“純粋オーディオ音”志向(1)

●『草食系男子の恋愛学』の著者、森岡正博さんと、オーディオ “純粋オーディオ音”って何かといえば、音楽じゃない音をオーディオで再生した音のことです。車や飛行機の音、ガラスが割れる音、水が流れる音、何でもいいのですが、虫や鳥の声のように情緒的な雰囲気があったり、美しいと感じる音じゃないほうが、いいですね。大きな金槌で石を思い切り叩いた音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー設計者 K.前田氏の思い出~スピーカーの再現力とは(4)

●スピーカーの表現力の自然さと豊かさを求めて 「これは使いにくそうなスピーカーだが、いい音がするかもしれない」  これが、ソニーの試聴室で初めてそのスピーカーを見て、まだ音を聴く前に感じた直感的印象でした。形は物の本質のある面を語りますからね。姿や形に惑わされてはいけない、大切なのは中身だ、という頑固な考え方の人もいますが、スピーカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー設計者 K.前田氏の思い出~スピーカーの再現力とは(3)

●スピーカーは最終段階のチューニングが、再現力の重要な鍵を握っている  ソニーの高級オーディオ機器を担当する部門が、その当時どのような編成になっていたのか詳しくはわかりませんが、この大型スピーカーシステム開発のときは、チームリーダーが前田さんで、その下にユニット、電気回路(クロスオーバーネットワーク)、キャビネットという分野に分かれ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディオのTPO~オーディオは生活空間、生活スタイルに合わせて選んで聴く

 オーディオをもう一度始めようという熟年世代の方、そしてやっと自前でオーディオ機器を買えるようになって意気込んでいる若い世代の方も、みんな同じように困るのは、何をどのように始めたらいいのかが、他の分野と比べて分かりにくいことです。  たとえばカメラなら、使い途さえはっきりしていれば、その用途に合わせて何を選ぶかはそう難しいことはありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AVアンプはこう使うと効果的~AVアンプ使用の現実的な問題

 先日、あるオーディオメーカーの代表者や広報担当者と話す機会があったのですが、ここ10年ほどで2チャンネルのオーディオは本当に影が薄くなったと、しばし感慨に耽りました。今は何といっても携帯デジタルオーディオ機器をヘッドフォンで聴くのがすっかり主流になり、ついで多いのがパソコンに小型スピーカーをつないで聴くというスタイルですね。そして、ス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Esotericのリマスターディスク~“いい音”と“マスタリング”の関係(6)

●エソテリックのリマスタリングSACDの意義  前回エソテリックのリマスタリングSACDについて掲載したのは7月26日でしたから、ほぼ1ヵ月前になります。その後、少し寄り道をしてしまいましたが、エソテリックから8月前半に最新盤2点が発売されましたので、今日はこれを機会に後半のお話をしたいと思います。  エソテリックの新しいマスタリングよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここ一番はアナログか? ~アナログとデジタル

●アナログ対デジタル~私の見解  CDが登場したのは1982年10月のことです。それ以来、アナログとデジタルについては、じつにさまざまなことがいわれてきました。面白いと思うのは、著名人が「私は今でもアナログ派だ」とか、「ここ一番というときはLPを聴く」などという発言をすると、新聞は喜んで取り上げてきたことです。消え行くものへの挽歌なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーディオと想像力~少し古いノートから・私のオーディオ論集(1)

<これは、ウィーンの市立公園のワルツ王・ヨハン・シュトラウスの金色の像です。今回は私の少し古いノートからオーディオについて考えたものを収録いたします> ●オーディオの音と生の音  人はいつもオーディオに「いい音」を求めている。しかし「いい音」とは一体なんだろうか。私は「生(なま)」で聴く音楽を追体験できる」ような音が「いい音」だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読者のコメントにお答えします~オーディオ特別編

暑中お見舞い申し上げます。  凄まじいとしかいいようのない暑さ続きですが、皆様お元気でしょうか。世界中が異常気象に見舞われているようで、国内外の政治経済事情よりも、地球規模、宇宙規模での異変がないのか、ついついそんなことを気にしてしまいます。  気にすることで思い出したのが、コメントをいただいた方々に返信や回答をしていない方がいら…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Esotericのリマスターディスク~“いい音”と“マスタリング”の関係(5)

・名演奏、名録音への熱い思いが生んだリマスタリングディスク  どうしてこうも暑い日が続くのでしょう。北半球の偏西風の蛇行の変化が大きな理由の1つだともいわれていますが、異常気象は日本だけではなく、ロシアの異常熱暑、南米の異常寒波に見られるように地球規模で発生しているようです。  こんな時には音楽もあまり聴く気になれないという方が多いか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アキュフェーズ「E-305」の優れた再現力にオーディオの奥の深さを知る(2)

・惚れ惚れとする外観と充実した内部構成 「E350」を少し詳しく見てみましょう。フロントパネルに大きなメーターがあるのは、アキュフェーズ(Accuphase)の特徴的なデザインの1つです。正確な対数圧縮型のピークレベル表示ですが、この数値を読み取って何かの参考にする人は、実際にはほとんどいないかもしれません。  しかし、アンプからスピ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アキュフェーズ「E-350」、オーディオの奥の深さを知る優れた再現力(1)

●オーディオ歴の長い友人が惚れこんだ「E-350」  日本の優れたマスタリング技術の後半に入る前に、もう1つ別な話題でお口直しをしていただきたいと思います。今日のテーマはアンプです。  アンプはオーディオ再生ではなくてはならない中心的存在の機器ですが、直接音を出すことがないので、その性能や音質については、スピーカーのように華やかな形容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1950年代のオーディオの音を、小林秀雄はどう聴いたか

 マスタリングの話が続きましたので、今日はいつもと違った話題でお口直しをしていただこうと思います。じつは先日、あることを調べていましたら、文芸評論家・小林秀雄さんに『ヴァイオリニスト』という原稿があるのに気づき読み直してみました。  私たちの世代の文学青年にとっては、小林さんを読むことは通過儀礼のようなものでしたから、私もずいぶん読みま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

xrcd とEsotericのリマスターディスク~“いい音”と“マスタリング”の関係(4)

・音のビクターがアナログ名盤のCD復刻に乗り出す意義  CDのディスクには音楽情報がデジタル記録されています。そして、その記録の規格が統一されていなければ互換性が失われます。LPの場合も音溝に45度の角度をもって左右チャンネルの信号を記録するとか、高域特性を向上させるためのRIAA曲線の採用などという規格が統一されていますが、CDの場…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

xrcd とEsotericのリマスターディスク~“いい音”と“マスタリング”の関係(3)

 CD登場以降のデジタル時代も、ディスクを作る基本的な工程は大きくは変わっていません。しかし、デジタルの場合は録音からプレスまで、機器はどの工程もコンピューターで動作する部分が大半ですから、コンピューター、パソコンの性能の進歩が目覚しいのと同じで、少しアナログ時代よりも変化が激しくなっていると思います。  たとえば、録音された音源を収録…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“いい音”と“マスタリング”の関係(2)

 ワルター指揮、コロンビア交響楽団のベートーヴェン交響曲第3番のCDですが、知人からプレゼントされたアメリカプレス盤(写真右)を聴くと、日本プレス盤(写真左)の音とは少し違うのです。どちらがいいとか、悪いという次元の違いではありません。どちらも同じ演奏であることは間違いありません。  音は再生装置の違いや、聴く人の経験、あるいは好み…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“いい音”と“マスタリング”の関係(1)

 4月29日掲載号で、ブルーノ・ワルター指揮、コロムビア交響楽団のベートーヴェン交響曲第3番「英雄」について少し触れました。今日はこの録音をめぐって“いい音”と“マスタリング”の関係を少し考えてみたいと思います。  ブルーノ・ワルター(Bruno Walter 1876年9月15日-1962年2月17日)は1939年9月、第2次世界大戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B&W 805 Diamond ~英国モニター系の最新2ウェイ機(1)

 B&W(イギリス)「800 Diamond」シリーズの最新8モデルが4月から順次発売されます。写真は今回ご紹介する、シリーズ中で唯一の2ウェイブックシェルフ「805 Diamond」です。仕上げが3種類ありチェリーウッドとローズナットが588,000円(ぺア/税込)、ブラックが630,000円(ぺア/税込)。  4月27日掲載号で、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ATCのスピーカー~モニタースピーカーの冷厳さと音楽的再現力の調和が魅力

 しばらく録音の話が続きました。そこで今回は、前回までにご紹介したパイオニアオ作品の録音で使われていたモニタースピーカーが、イギリスのATC社製でしたから、今日はそのATCのスピーカーについてということにします。  ところで、パイオニアといえば、その本社は東京目黒区のJR目黒駅のすぐ近くにあったのですが、昨年からスタートした新体制の中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more