xrcd とEsotericのリマスターディスク~“いい音”と“マスタリング”の関係(3)

 CD登場以降のデジタル時代も、ディスクを作る基本的な工程は大きくは変わっていません。しかし、デジタルの場合は録音からプレスまで、機器はどの工程もコンピューターで動作する部分が大半ですから、コンピューター、パソコンの性能の進歩が目覚しいのと同じで、少しアナログ時代よりも変化が激しくなっていると思います。
 たとえば、録音された音源を収録する素材ひとつとってみても、最初期はU-マチックという4分の3インチ幅の磁気テープでした。それが、DATが普及しその性能が向上するとこれを記録の器として使うことが多くなってきました。今はHDD、ハードディスクに記録することが一般的になっています。
 オリジナルテープまたはオリジナルディスクから、プレス用のマスターを作るまでの工程がマスタリングで、それに続くのがプレスであることはアナログと同じですが、このマスタリングの工程でも機器の進歩、交替は激しくなっています。

 前回まで2回にわたって、ブルーノ・ワルター指揮、コロンビア交響楽団によるベートーヴェンの交響曲第3番の、マスタリングによる音の違いを検討してきたのは、じつは現在とても有力なソフトとして注目されている、JVC(日本ビクター)とEsoteric(エソテリック)の2つのシリーズのCDとSACDについて触れたかったからです。
 日本のクラシック音楽ソフトは、主要作品の大半は海外のメーカーから送られてくるマスターテープを日本でマスタリングしプレスされていました。これはアナログ時代もデジタル時代も変わりません。もちろん、日本のメーカーによって製作されるディスクは、録音からプレスまで、すべてが日本のメーカーの手で行なわれます。また、輸入盤は完成したCDがそのままの形で輸入されますから、生産国とすべてが同じ条件のディスクということになります。

・オーディオではケーブル1本替えても音が変わるのは常識

 ここで少し話がオーディオ再生に寄り道します。オーディオでは音の入口がプレーヤーで、最終出口がスピーカーです。この経路のなかで、どの機器を替えても音は変化します。たとえば、プレーヤーとスピーカーの両端機器が同じでも、アンプが替わると音は大きく変化するのです。そして、機器間を接続するインターコネクトケーブル(アンバランスのピンピンやバランスのXLRケーブル、光ケーブルなど)や、スピーカーケーブルを替えても音は変化します。
 これはもうオーディオ再生では常識です。ただ、あまり変化にこだわりすぎて、最近は一部に非常に高価なケーブルがあり、音はケーブルで作る、というような考え方が目だっているのは問題です。あくまでも音は機器の性能が優先し、次にその性能を十分に働かせるために、良質なケーブルを使う、というのが正しい考え方だと私は思います。
 オーディオ再生と比べると、音楽製作の現場、特に録音の現場では、たとえばケーブルの長さや材質には極端にこだわりません。録音会場によっては、ステージから機器をセットした部屋までが非常に長い場合があり、時には100メートルを超えるようなこともありますから、オーディオの常識からいえばぞっとするような伝送となります。で、現場のスタッフはあまり問題にしません。しかもところどころで、ケーブルがトグロを巻いていることもあり、また違った種類のケーブルが交差していることさえあります。
 録音の現場では、与えられた機材を使って、最高レベルのいい音を録ることが目標で、機材の質よりも、それを使いこなすテクニックのほうを重視することが一般的なのです。同じマイク、同じ録音機、同じケーブルでも、エンジニアの腕によって音は大きく変化します。そのほうが重大な要素だったのです。
 しかし、しばらく前から録音の現場でも、機器のセッティングの方法、ケーブルの選択や引き回し方、電源の管理などが重要な要素として考えられるようになってきています。それらがエンジニアの腕と同じくらい重要視されるようになったのは、専門家の中には否定したい人もあるかもしれませんが、明らかに高級オーディオ再生の世界の影響があるのです。

・最上のマスタリングを目指すシリーズの誕生

 さて、マスタリングに話を戻しましょう。CDが登場したのは1982年10月。その当時のデジタル系の機器は、録音からマスタリング、プレスまで、ほとんどソニーとフィリップスというライセンサー2社の技術と機器によるほかありませんでした。それが時間の推移につれて、さまざまなメーカーが参入してくるようになり、同時に性能も初期に比べて大きく向上してきました。
 そして、前段で書きましたように、再生するオーディオ界からの影響もあり、録音もマスタリングも大いに改善されるようになってきたのです。ブルーノ・ワルターのCDのアメリカプレスと日本プレスの音が違う、というオーディオ・音楽ファンによる素朴な疑問も、メーカー側にフィードバックされ、大きな影響を与えていくことになったのです。
 オーディオ再生側の影響がもっとも強く現れて、いい結果に結実したものが、まず日本ビクターの「xrcd」です。このシリーズの技術的詳細とラインナップについては、「xrcdの公式ホームページ」でご覧いただけます。色文字をクリックすると該当ページが開きますのでぜひ一度アクセスしてください。
 ビクターの説明には、「xrcd(Extended Resolution Compact Disc)は、マスタリングおよびCD製造にいたる全工程を徹底的に音質管理することにより、リスナーに高忠実度で優れた音質を提供するコンパクトディスクです」と書かれています。
 xrcdのスタート時は、私は現役の編集者でしたし、その製造の本拠地、ビクターのマスタリングセンターには、私のレーベル「AEOLUS(アイオロス)」のCDのマスタリングからプレスまでを依頼してもいたので、その事情はよく知っています。
 説明にある「徹底的な音質管理」が意味するもののうち、主要機器であるA/DやD/A変換と、機器間のインターフェースの核心である「20bit K2」 のシステムとその性能の優秀さについては、公式ホームページにも詳細に説明されていますが、そこに書かれていないことに私は非常に感心したのです。それは、xrcdの製造では、それまであまり言われることの少なかった、電源の管理、ケーブルの種類や長さの見直し、不要電源のシャットダウン、機器のセッティングなどという、オーディオ再生の世界で厳しく求められてきたものがしっかりと吸収され、それをさらに高度にブラシュアップしていたということです。

画像


 このxrcdの技術で、最初に登場したのは、RCAで製作され長く名盤として高く評価されている、アナログ音源をリマスターしたCDでした。その記念すべき第1弾は、シャルル・ミュンシュ指揮、ボストン交響楽団によるベルリオーズの「幻想交響曲」でした。アナログ収録のCD化で大きな成果を発揮できるというのは、とても大きな魅力でした。